チャイルドシート適合車種の確認

お子様の安全を守るチャイルドシート。自動車の情報をご入力していただくことで、どのチャイルドシートが取付可能かをご確認いただけます。

取付確認する車種の情報を入力します

適合車種の確認方法

車種名、年式、型式はお持ちの車の車検証でご確認ください。

年式

車検証の初度登録年月と照合してください。初度登録年月が表に記載されている期間内であれば、その行にて目的のチャイルドシートの適合情報が確認できます。

型式

同一車種名でも、年式、モデルにより仕様が異なります。車種名まで特定し、車検証の「型式」欄にてご確認ください。
適合一覧においては、ハイフン(-)以下の英数字を省略して表記しています。

例 TA-NCP35 の場合、NCP#、CP3#、#CP3# など。

型式は記号が追加される場合もありますので、年式の欄も併せてご確認ください。
ただし、同じ型式でも特殊なモデルやシートが特別仕様の場合、取り付けができない場合がありますのでご注意ください。また、同じモデル、型式でも、仕様変更によりシートベルトの長さが異なる場合もあり、取り付けが困難な場合もあります。予めご了承ください。

3点式シートベルトについて

取り付けできない座席

以下の座席には取り付けできません

  • 進行方向に対して前向き以外の座席(横向き、後ろ向きの座席)
  • チャイルドシートを装着することにより運転に支障をきたす座席
  • チャイルドシートを装着することにより、他の乗員の乗降(緊急時の脱出)に支障をきたす座席
  • シートベルトがない、2 点式シートベルト、5 点式シートベルトの座席
  • バケットシートなどのチャイルドシートが安定しない座席

※その他、取り付けできない座席については、各チャイルドシートの取扱説明書を参照してく ださい。

シートベルトの種類

シートベルトの巻き取り装置の種類によっては、チャイルドシートの取り付けができない場合があります。
車両の取り扱い説明書を参照して巻き取り装置の種類を確認し、その巻き取り装置が使えるかどうか、チャイルドシートの取り扱い説明書でご確認ください。

シートベルトの種類 機能・特長
ALR
(自動ロック式ベルト巻取り装置)
シートベルトを引き出して途中で止めるとその位置で固定され、戻す方向にしか動かなくなる(それ以上引き出せなくなる)。最後まで戻しきると固定機能が解除される。
ELR
(緊急ロック式ベルト巻取り装置)
ゆっくりとならばシートベルトを引き出すことができるが、強く引くと固定され、それ以上引き出せなくなる。
NR 固定機能がなく、どの状態でもシートベルトの引き出し、戻しができる。
AELR
(チャイルドシート固定機能付ベルト巻き取り装置)
通常はELRとして機能。シートベルトを最後まで引き出すと、チャイルドシート固定機構(ALR)に切り替わり、シートベルトが最後まで引き戻ると、再びELRに切り替わる。
その他 パッシブシートベルト・2点式・5点式シートベルトなど。

中古車や修理された車、ディーラー限定モデルなどの特別仕様車、改造車の場合、座席やシートベルトの種類が自動車の取扱説明書の内容と異なることがあります。
シートベルトの種類が確認できなかった場合には、自動車のメーカーや自動車をお買い求めになったディーラーにお問い合わせください。

取り付け時のアドバイス

車種によっては、取り付け作業に際して座席のヘッドレストが邪魔になる場合があります。この場合、一旦ヘッドレストを外してからチャイルドシートを取り付けるようにしてください。外したヘッドレストは、チャイルドシート取り付け後に必ず取り付けなおしてください。
車両の座席が前後に動かせる場合、車種によっては、チャイルドシートを取り付けた後、少し座席を前に動かすとチャイルドシートがよりシッカリと固定されます。また、逆にチャイルドシートを取り付けた後に座席を後ろに動かすと、取り付けが緩んでしまう場合があるので、絶対に座席を後ろには動かさないでください。
チャイルドシートがシッカリと取り付けられているか、運転毎に事前に確認するようにしてください。

ISO-FIXについて

ISO-FIXへの対応

当社のISO-FIX対応チャイルドシートは、汎用ISO-FIX固定装置が装備されている車両の座席に取り付けることができます。
当サイトには、現在、当社が確認している汎用ISO-FIX固定装置が装備されている車両の情報が記載されています。
車両によっては、汎用ISO-FIX固定装置とは異なる仕様のISO-FIX固定装置が取り付けられている場合があります。このISO-FIX固定装置には取り付けできたとしても使用することはできませんのでご注意ください。
また、その他の条件により、取り付けできない場合がありますので、必ず、車両の取扱説明書をご確認ください

ECE-R129/09(i-size)について

アイコン

当社の取り扱うISO-FIX固定方式のチャイルドシートにおいては、ECE-R44に対応したものとECE-R129に対応したものがあります。
ECE-R129に対応したチャイルドシートは、i-Size(Integral Universal ISOFIX Child Restraint Systems)に対応し、i-Sizeシートポジションに対応した自動車の座席に取り付けて使用することができます。
自動車の取扱説明書において、「i-Size対応」と記載されている座席に取り付けて使用することができます。
自動車の取扱説明書において、i-Sizeのチャイルドシートに関する記載がない場合がありますが、車種によっては、本製品を取り付け可能な場合があります。i-Sizeへの対応について疑問がある場合は、車両のメーカー、または車両の販売(ディーラー)にお問い合わせください。

ISO-FIXの適合情報について

ISO-FIXへの対応について 必ず最初にご注意ください!

本適合情報は、一定の時期における、自動車の仕様情報を基に作成しており、当社のチャイルドシートが対応する、汎用ISO-FIX固定装置を装備した車両、座席の情報を記載しています。
ISO-FIXへの対応については、同一型式でも車両の製造時期、仕様により、内容が異なる場合があるのでご注意ください。
汎用ISO-FIX固定装置を装備している場合においても、車両側により、使用可能なチャイルドシートが限定されている可能性があります。実際の使用の可否については、チャイルドシートの取扱説明書および自動車の取扱説明書の記載を必ず確認、照合してください。
また、特に輸入車は、年式・型式・形式によらず、マイナーチェンジにより適合する場合(適合しなくなる場合)がありますのでご注意ください。

輸入車(外車)に関する注意

輸入車の場合は、現地仕様車両での確認の場合があります。年式、輸入年度等、輸入形式(並行輸入等)により対応が変わる場合もありますので、お買い求めのディーラー、輸入代理店に、お使いの車両の情報をお手元に(車検証やオーナーズマニュアル)、適合を調べたい弊社チャイルドシートの取扱説明書の記載内容をお伝えいただき、取付の可否をご確認ください。

平行輸入車に関する注意

並行輸入車には、当社のISO-FIX対応のチャイルドシートは取り付けできません。並行輸入車の場合、適合するISO-FIXの基準が異なる場合などがあります。